This Category : ・・・★ 自己紹介

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.01 *Tue

たびとの出会い4 ~名前~

当時、家族間がすさんでいたので(苦笑)
この子はまさに我が家にとって潤いでした。

お決まりな両親の反対があったものの
躾がしっかりしていたのもあり、そんな訳で
意外にすんなりと、我が家の一員になった白黒猫。


はじめ、名前は
“ソックス(靴下)”だったのですが、

呼びにくいため、“たび(足袋)”になりました。


“靴下をはいてる猫は幸せを運んでくる”そうです。


もちろん、それは本当でした。

きっと、靴下をはいてなくても(笑)。


ね?たび?

19941113_20100604230733.jpg

  1994.11.13 私の部屋にて。
  このころ体重が700g無くて
  にぃやのズポンのポケットにすっぽりでした。




br_decobanner_20100607.gif にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
↑お手間ですが、よければ《ぷち☆ぷち☆ぽち☆》
 と3つ押して下さると、とっても励みになりますにゃ♥

スポンサーサイト
CATEGORY : ・・・★ 自己紹介 | THEME : 猫と暮らす | GENRE : ペット

2010.05.30 *Sun

たびとの出会い3 ~初夜~

私の部屋をひと通り探検して、
ご飯もお水もしっかりお腹に入れた
白黒猫にとって、我が家で初めての夜が来ました。

寝床はタオルを入れた小さな段ボール。

「しばらくここがお前のベッドやで♪」

と、入れてやると相変わらずゴロゴロと
のどを鳴らしながらそのベッドでまるくなりました。

最初からこの子はとってもゴロゴロをいう子でした。

名前を呼ぶ時も、
ご飯を食べる時も、
なでてあげる時も、
そして、
何もしなくても(笑)。


私も寝る時間になったので布団に入り
仔猫に「おやすみ☆」と声をかけて
自分も寝始めました。


しばらくすると、
暗闇の中で

ゴロゴロ…ゴロゴロ…ゴロゴロ…

という音が響きわたり、
それがだんだん大きな音になって
気がつくと、仔猫が私の枕元(顔の真横)
に立ってゴロゴロと言い続けてるではありませんか。

“かわいいなぁ……”


“………”


※でも、その頃アトピー性皮膚炎だった私は
 布団に猫毛がついて痒くなる事を恐れ、
 慌ててその子を段ボールの寝床へ戻しました。

 「そこでねんねしてしてな~」

 ゴロゴロといいながら丸くなって寝始めるのを見届け、
 わたしも自分の布団にもぐりこみました。


 暫く後。
 
 気がつけば、またもや私の枕元にきて
 大音量のゴロゴロを披露するのでした。  

  (以降、※リピート4~5回…)

 
丑三つ時を過ぎて根負けした私は

「えーーいっ。痒くなってももういいわっ」

と、この大音量ゴロゴロ音器に「布団に入る?」
と、布団を開けてやると、

いつもそうしていたかのように
するすると布団の中に入り、
私のお腹にぴたりとひっついて、
いつまでもゴロゴロと甘え続けるのでした。


とっても可愛いのだけど…
痒くなりはしないか、
押しつぶしてしまわないか
の心配でなかなか寝れず…。


浅い眠りののち
朝が来て
ふと、横を見ると
ちょこん、と顔を出して
人間のように寝ている仔猫がいました。


その時の気持ちをどう表現したよいか…。


可愛いなぁとか
大事にしくちゃとかでなく

ただただ

じわじわぁ…と
心があたたかくなっていって
心がいっぱいに満たされた感じ…?。


父や母に反対されても
絶対にうち子にすると
決心したのもこの時でした。





br_decobanner_20100607.gif にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
↑お手間ですが、よければ《ぷち☆ぷち☆ぽち☆》
 と3つ押して下さると、とっても励みになりますにゃ♥

CATEGORY : ・・・★ 自己紹介 | THEME : 猫と暮らす | GENRE : ペット

2010.05.28 *Fri

たびとの出会い2 ~我が家~

次の日、そのショップに私は居ました。

無料猫のゲージには白黒猫しか居ませんでした。

あの白猫は愛想が良かったので
あの後すぐに貰われたみたいでした。

相変わらす、ゲージの後ろにもたれ、
冷めた瞳でこちらを見ている白黒猫。

昨夜はこのアンニュイな子が気になって仕方なかった。

飼う自信とかなかったけど、
あの瞳を見てしまった以上、
放っておけませんでした。

もちろん、私はこの子を貰うつもりだったので
居てくれた事がほっとしました。


店主に借りるのではなく貰うことを告げて、
母から借りたエコバッグに
小さな白黒猫を入れて店を後にしました。

どこに連れて行かれるのか不安で
鳴きわめき、動き回る小さな生き物をかかえ
父と母が待っている車まで走って行きました。


当時、母は猫が大嫌いでした。
父は独身の頃、黒猫を飼っていた事があるようでしたが
基本的に動物を飼う事を反対していました。

そんな訳で表向き、両親には
“一時的に借りる”“私の部屋から出さない”
約束で、猫を引き取る事を渋々了解して貰い
車を出して一緒に付いてきてくれたのでした。



我が家に到着。

私の部屋に入り、バッグから取り出してやると
身を屈めオロオロしながら
あたりをウロウロすること約数分後、
「ゴロゴロ…ゴロゴロ…」
と唸っているではありませんか。

父に
「どうしよう。猫が怒ってるみたい」
と、言うと
「違うで。あれは嬉しい時や甘えてる時に出る音や。
 安心したんやろな。」
と教えてもらいびっくりしました。

“猫ってそういう表現をするんやぁ”

ゲージでは元気が無くて心配しましたが、
よく動きまわり、用意してあったトイレに行き
ちゃんと用を足しました。

これが母の琴線に触れたようで、
「賢い子やなぁ」
と何だか嬉しそうでした。

どうやら、野良猫ではないようで
人間の手で躾はしてあって
理由あって、あのショップにいたようでした。


br_decobanner_20100607.gif にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
↑お手間ですが、よければ《ぷち☆ぷち☆ぽち☆》
 と3つ押して下さると、とっても励みになりますにゃ♥


2010.05.25 *Tue

たびとの出会い1 ~無料猫~

はじめまして☆ねぇやです。

私の事は、また機会があれば
お話出来ればと思っています☆


さて。まずは
たびとの出会いをお話ししたいと思います。


今でも鮮明に覚えています。


たびと出会ったのは1994年10月下旬。
新京極にあった今は無き某ペットショップ内の
無料猫コーナーのゲージ越しでした。

その時、そのゲージには白黒猫と白猫の二匹が居ました。
白猫ちゃんはとても愛想がよく、先にゲージの中を覗いてた
カップルにゲージから懸命に手を出して甘えていました。

兄妹であろう白猫の後ろ姿を、冷めた目で、
じぃーっと凝視するかのように見つめ
ゲージの後ろにもたれかかり、微動だにしてなかったのが
白黒猫(たび)でした。


当時のわたしは、猫に対して特に愛着があるわけでは有りませんでした。

近所の猫に、飼っていたインコを殺されたり、庭を荒されたりして
正直いい印象がなく、殆ど接する機会が無かった未知なる動物。


しかし、“絵になる存在”である事は否めませんでした。

芸術大学に通っていた学生だった私は
制作のモチーフとしてデッサンする為に一時的に借りる予定で、
気軽な気持ちでそのペットショップに入ったのです。


猫を借りたい旨を店主に話すと
「もし返しに来るなら2,000円貰うけどそれでいいなら」
と、告げられて、
「無料猫なのに何故?」
と、バカな私は聞きました。

「飼い主が見つかるまでのその猫の生活費さ」

との答えが返ってきた時、
自分のあまりに無神経な質問に
恥ずかしくなったのを今でも覚えています。


"借りる”なんて…。

なんて浅はかな考えだったんだろう。
この子達は生きる為に必死なのだ。


猫という動物を飼う自信や自覚も無く、
かと言って、
返す勇気も無かった私は、
その日、
そのまま店を後にしたのでした…。



br_decobanner_20100607.gif にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
↑お手間ですが、よければ《ぷち☆ぷち☆ぽち☆》
 と3つ押して下さると、とっても励みになりますにゃ♥

CATEGORY : ・・・★ 自己紹介 | THEME : 猫と暮らす | GENRE : ペット

2010.05.24 *Mon

はじめまして☆たびです

はじめまして☆
わたし、たびといいます。

たび

京都で生まれ育って、今年の夏で16歳。
まぁ、この年まで生きてるとイロイロあるわね。

昔はやんちゃだったから、お外でケンカして、
(お尻でなく)顔にたくさん傷を付けて帰って
家族に叱られたものよ。

現在はねぇやと二人暮らし。

当初は、狭い部屋での二人暮らしが嫌で
淋しくて、お家に帰りたくて、
毎日、毎日、ねぇやを困らせるくらい泣いたわ。

でも、今じゃこの生活も馴れっこよ。
だって、みんな事情があるじゃない?
わたしだけ、わがまま言えないしネ。


だけど。


2009年の5月に
糖尿病と診断されて

さらに

高脂血症+腎不全+歯槽膿漏+白内障+肝臓肥大etc…

と、併発し何かと大変なんだけど、
ねぇやのフォローもあって
なんとか頑張って生活しているわ。


ん~?。
そうね、今の不満は

ごはんが少ない事。


なんでも、とにもかくにもダイエットをしないと駄目なんだって。

13歳くらいまで3.7kgだったんだけど、
気がつけば、現在、5.0kg!
(去年は5.4kgもあった…)

まずは4.5kg目標に頑張ってるんだけど、なかなか痩せないわ!

今は、ホント、目が回るくらい
お腹が空ちゃうの…。

目下、一番の対策事項は
ねぇやからどうやって、
プラスαのごはんを貰うかって事★



さてっと。
明日も頑張ってねぇや起こす為に
早く寝るわネ☆


それでは、みなさんごきげんよう☆



br_decobanner_20100607.gif にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
↑お手間ですが、よければ《ぷち☆ぷち☆ぽち☆》
 と3つ押して下さると、とっても励みになりますにゃ♥


ランキング

下記のランキングに参加しています★
応援よろしくお願いいたします。
(一日一回クリック有効☆)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

br_decobanner_20100607.gif



置き手紙

いつもご訪問ありがとうございます☆
FC2ブログでない方でコメント頂かなくても
こちらにURLだけ残してくだされば
後ほど必ず訪問させて頂きます☆
(登録は一度でOKです^^)

おきてがみ



プロフィール

ねぇや

Author:ねぇや
京都在住。

ボキャブラリー不足ゆえに
悪戦苦闘しながら日々blogを更新中☆

毎朝、たびの【猛烈甘え】起こしテクを
堪能したい為にタヌキ寝入りを続行中☆


05-07-26_19-52.jpg

Hiroine: たび (白黒MIX)
Brithday:1994年9月5日(頃)

2011年2月7日
16歳5ヶ月で虹の橋へ…☆

白い靴下に黒いひじあてを付けるという
難解なファッションセンスの持ち主。

左口元のホクロがチャームポイント。

一言でいえばツンデレ系?
基本的、甘えて来ることはなく
だっこも苦手。
寝るのも別布団(涙)
私を起こす時に異常に甘えるのは
もちろん、ごはんが欲しいから☆

SHE LOVE KANIKAMA!!

もしこの世からカニカマがなくなると
病気ではなくても平気で虹の橋へ
渡って行きそうでコワい(苦笑)

不機嫌?な顔つきだけど
いつもゴロゴロ☆ゴロゴロ☆

年をとるにつれて、
文句をよく言うようになったけど
それも可愛いと思ってしまう
親バカのねぇやです。

「猫は猫かわいがりしても良し!」

ただし、食事には気をつけて☆


************************

いつもご訪問して下さって
本当にありがとうございます♥

糖尿病、腎不全、高脂血症、歯周病、
軽度の白内障、尿石症、関節炎と
2010年に肥大型心筋症を発症。
   
色んな病気を抱えているので
複雑に絡み合って症状が出る
たびですが、愛くるしく、
頑張って生活してくれてるのを
嬉しく幸せに思います。

そんな彼女を少しでも知って頂けたら…。


病気となるとつい必死になって
飼い主さんが息切れしちゃう事が
あると思います。

「あなたは大丈夫?元気?」

このこ達はちゃーんと感じ取ってますよね?

苦しくなる程、無理することなく
お互いが穏やかに暮らせるように
心がけたいとねぇやも考えています。

わたしも笑顔なら、たびも嬉しいはず☆

そして

笑顔と褒めることは何よりの妙薬☆

「たぁちゃん、かっわいー♥」

ウザがられても連呼中☆( ^ ^ )ゞ



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新記事



LINK

このブログをリンクに追加する



GALLERY

~LOVE~ねこ佑依のYuiちゃん作です♥

とっても可愛く描いてくれて本当にありがとう!



TRACKBACK



検索フォーム



只今のオススメ

上映は終了。レンタルでどうぞ☆



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © たび☆ねこ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。