--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.12 *Sat

歯の重要性 その1

たびは歯槽膿漏です。
歯磨きしている今でも若干、臭います。

皆さんのところの猫ちゃんは歯は綺麗ですか?
奥歯までしっかり見た事ありますか?

見た事ない方は是非見て下さい。

当然ですが猫も犬も痛みを訴えません。

口が臭うというのは大分進行した後です。

なぁんだ?歯槽膿漏?
そんなんじゃ死なないでしょ?

って思ってるアナタ!

たびは今年2月に死にかけました。

甘くみてはいけません。
歯は本当に重要です。
特に高齢、特に持病持ちの猫さんは。

歯周病から他の病気を引き起こす。
歯周病が原因で持病が治らない。


ご存知の通りこれは事実です。

歯周病の予防、今からでも始めて下さいね。

-----------------------------------------------

昨年、秋頃からごはんを食べると、
左目からポロポロと涙を流していました。

触っても嫌がることもなく、
食欲も元気もあるけど、なんとなく
気になってかかりつけの病院へ連れていきました。

「そんな話聞いたことないなぁ!
 目に細菌がついたのかな? 抗生剤注射しておくよ」

今、思えば、この時すぐにセカンドオピニオンに
かかればいいのを、楽天家の私はそれで一応納得して帰りました。

ご飯を食べると左目から涙が出るのは
少し治ったものの相変わらずでした。

糖尿病のインスリンの単位の事で
頭がいっぱいになっていたので、
割と元気な事もあり、深く追求しませんでした。


その土曜日、友人が夜遊びに来た時も
ちゃんとそばに寄ってきました。

が、翌日朝、
左目の瞬膜が飛び出しているではありませんか!!!

昨日の夜は大丈夫だったよね?
お膝でゴロゴロしたよね?!

私は仰天して飛ぶように
たびを病院へ連れて行きました。

先生は
「んー?細菌が入ったか?
 歯かなぁ?あぁ、歯槽膿漏あるねぇ。
 でも、そんなに酷くないから、このせいじゃないのかな?
 取り合えず、抗生物質の錠剤と目薬だしておくね。」
 と、相変わらずの淡々ぶり。

錠剤。これが悪かった。
家に帰ったたびは夜が深くなるにつれ体調が悪くなり、
普段なら飲んでくれる錠剤を嫌がって飲まない。
嫌がり方も半端なく、吠えたりするので飲ませられない。
(飲んでも吐く。)

そしてその日は日曜日。
たいていの病院は夕方からはしていない。


2月1日、寒い冬。
寒い風呂場でじっと後ろを向いている。
触ろうとすると吠える。
鳴くのではなく吠える。

「わうーーーーぅっ」
(触らないでっ!!)

夜中1時。

やっと動いてくれたかと思うと
玄関マットでじっとしている。

少し寝息がする。

右目は閉じている。
左目は開いたままで。

病院から帰った夕方以降、どんどん
眼球がカエルのように飛び出してきているので
まぶたがおりないのだ。

「たび痛いよね。ごめんね。」
と言うとゴロゴロと返してくれるではありませんか。


次の月曜日はかかりつけの病院が休み。

しかも、仕事が本当にどうしても休めず、
行くかどうしようか迷いに迷って、
水を飲んでくれるたびの生命力にかけて仕事に行った私。

そして、仕事中なのに、トイレから
泣きながら、新しい病院に連絡をして
事情を伝えて夜に急患として連れて行っていいか打診しました。

症状が症状なだけに戸惑ってましたが
了承をもらったので少し安心して
時間を過ぎるのを待つ。

タクシーを使い急いで帰ってきたら、

寝床までたどりつけず、
オシッコとウンチまみれになって
失神しているたびが目に飛び込んできました。


「たび!!!!!!!!」

ごめん!ほんまにごめん!!!


意識が朦朧としているたびを
新しい病院へ連れて行き診察してもらう。

「主治医が言われるように
 歯の状態もそんなに悪くないので、
 歯が原因かどうかは判断できません。
 どうして左目がこんなにひどい状態に
 なったか正直判りません。
 しかし、とにかく

 痛みが限界に達して
 さらに、低血糖になったので


 倒れたのでしょう。

 点滴と対応の抗生剤の注射を打っておきますね。

 それと眼科の専門医へ紹介状と病状写真を
 今夜中にメールしておきますので
 出来るだけ早く診せて下さい。
 もしかしたら、目の手術をしなくてはいけません。


 でも、高齢で、糖尿病もあるから
 麻酔や出血に対応出来るか問題です。


 余命の事も考えて、専門医と相談して下さい。」

幸いなことに大変丁寧な先生で、
冷静かつ迅速な対応をして下さり、
その夜はなんとか一命を取り留めたのでした。

インスリンの調整をして
打ったはずなのに
低血糖を引き起こしていたなんて…!
しかも麻酔がダメ?…手術!?眼球を摘出?!

この時ほど、血糖値測定の重要性と
自分の情けなさを痛感したことはありません。

痛みに強い猫が失神してしまう痛さって…

この時点は歯が理由だとは知らずに
次の日、会社を休む連絡をして、
眼科の専門医の病院へ行くことになるのでした。


つづく。


※長々とここまで読んで下さりありがとうございました。f(^_^;)
 
br_decobanner_20100607.gif にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
↑お手間かけますが、よければ《ぷち☆ぷち☆ぽち☆》
 と3つ押してくれると、とっても励みになりますにゃ♥
スポンサーサイト
CATEGORY : ・・・★ 病 気 | THEME : 猫と暮らす | GENRE : ペット

COMMENT

長生きするには歯は一番大事と言ってもいいくらい大事ですよね(^^)

2010/06/12(土) 22:03:31 | URL | tori #oCej7oRg [Edit
先日は連絡ありがとう、名古屋のyukkiです。
たびちゃんの写真がとっても可愛くて、癒されてます(*^_^*)

今日のエントリーは読んでてこちらまで痛くなりそうでした。
私も、以前飼っていた猫が、喧嘩で眼球に穴があいて摘出手術をしたので、人事とは思えません。
でも、歯が原因で目にくるなんて・・・そんなこともあるんですね。
続き気になります。
2010/06/14(月) 20:31:25 | URL | yukiko #- [Edit
Re: タイトルなし
tori様

いつもご訪問とコメントありがとうございます☆
歯は健康とご長寿には大切ですよね!
十兵衛クンの歯は大丈夫ですか?
食欲回復したみたいでホッとしました~(*^^*)


yukki様

お久しぶりです!お元気ですか?
見てくれてるなんて凄い嬉しいです!

喧嘩で眼球に穴があく…( ̄ □  ̄ ;) !!
聞いただけでも気が遠のきます。。
やはり外に出すのは危険ですよね。
自由に外に出せない事は可哀想かもしれないけど、
この現代社会での猫との暮らし方は
以前とは違うようになってきてるので
仕方ないと思います。
今は猫飼ってないのかな?
HP覗いてるヨ☆(*^▽^*)
凄い頑張ってて励まされます!
またイラストとかコラボレたらいいなぁ。

2010/06/14(月) 22:22:54 | URL | ねぇや #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


ランキング

下記のランキングに参加しています★
応援よろしくお願いいたします。
(一日一回クリック有効☆)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

br_decobanner_20100607.gif



置き手紙

いつもご訪問ありがとうございます☆
FC2ブログでない方でコメント頂かなくても
こちらにURLだけ残してくだされば
後ほど必ず訪問させて頂きます☆
(登録は一度でOKです^^)

おきてがみ



プロフィール

ねぇや

Author:ねぇや
京都在住。

ボキャブラリー不足ゆえに
悪戦苦闘しながら日々blogを更新中☆

毎朝、たびの【猛烈甘え】起こしテクを
堪能したい為にタヌキ寝入りを続行中☆


05-07-26_19-52.jpg

Hiroine: たび (白黒MIX)
Brithday:1994年9月5日(頃)

2011年2月7日
16歳5ヶ月で虹の橋へ…☆

白い靴下に黒いひじあてを付けるという
難解なファッションセンスの持ち主。

左口元のホクロがチャームポイント。

一言でいえばツンデレ系?
基本的、甘えて来ることはなく
だっこも苦手。
寝るのも別布団(涙)
私を起こす時に異常に甘えるのは
もちろん、ごはんが欲しいから☆

SHE LOVE KANIKAMA!!

もしこの世からカニカマがなくなると
病気ではなくても平気で虹の橋へ
渡って行きそうでコワい(苦笑)

不機嫌?な顔つきだけど
いつもゴロゴロ☆ゴロゴロ☆

年をとるにつれて、
文句をよく言うようになったけど
それも可愛いと思ってしまう
親バカのねぇやです。

「猫は猫かわいがりしても良し!」

ただし、食事には気をつけて☆


************************

いつもご訪問して下さって
本当にありがとうございます♥

糖尿病、腎不全、高脂血症、歯周病、
軽度の白内障、尿石症、関節炎と
2010年に肥大型心筋症を発症。
   
色んな病気を抱えているので
複雑に絡み合って症状が出る
たびですが、愛くるしく、
頑張って生活してくれてるのを
嬉しく幸せに思います。

そんな彼女を少しでも知って頂けたら…。


病気となるとつい必死になって
飼い主さんが息切れしちゃう事が
あると思います。

「あなたは大丈夫?元気?」

このこ達はちゃーんと感じ取ってますよね?

苦しくなる程、無理することなく
お互いが穏やかに暮らせるように
心がけたいとねぇやも考えています。

わたしも笑顔なら、たびも嬉しいはず☆

そして

笑顔と褒めることは何よりの妙薬☆

「たぁちゃん、かっわいー♥」

ウザがられても連呼中☆( ^ ^ )ゞ



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新記事



LINK

このブログをリンクに追加する



GALLERY

~LOVE~ねこ佑依のYuiちゃん作です♥

とっても可愛く描いてくれて本当にありがとう!



TRACKBACK



検索フォーム



只今のオススメ

上映は終了。レンタルでどうぞ☆



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © たび☆ねこ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。