--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.14 *Mon

歯の重要性 その2

次の火曜日の朝、
たびの左目のわずかながら眼球が少し引っ込んでいました。
抗生剤が効いたのでしょう。
良かった!

目力も戻り、少し元気になりました。
ヨタ足ながら、元気のバロメーター、
カニカマの催促もあります( T ▽ T ) 。

早朝より紹介状を頂いた病院へ
タクシーで40分もかかる場所。
体力が消耗しきっているたびには辛い移動です。

その病院の先生はなんでも
アメリカで眼科の勉強されていたらしく
眼科治療では有名との事で期待が出来そうです。

その病院の先生も大変時間をかけて
問診と診察をしてくださりました。


当日、病院に行って先生が触って判ったのは
たびの左口元から血が出ていた事。
(今日の朝までは無かった!)

先生はそれを見て、
「眼球が出たのはやはり歯槽膿漏からでしょうね。」
と断言。

「普通、歯槽膿漏、歯肉炎などを起こした場合、
 歯ぐきから膿が出るのですが、

 この歯石がじゃまをして膿が出れず
 歯の上にどんどん溜まり溜まって、
 骨のないところ、つまり
 眼球を圧迫して
 左目が飛び出してしまったのでしょう。」

というのか診断でした。

そんな事って…あるんですか…先生。

そして、まぶたが閉じない為に
角膜に傷がありますので、その周囲を
少しはがしましょう。
そうすれば再生するんですよ。」

と言ってピンセットで眼球の角膜を剥がし始めたのです。

ひーーーーーーっ。
先生、見てる私が痛いですっ( T o T )

たびは唸りもせずじっと処置されるがまま。
たび、なんて偉いの~!ねぇやは絶対、無理。

先生いわく、
「今回の件は口元から血が出ていたのと
 左側の頬も若干張れていた事があったので、
 歯が原因だと判ったのです。
 もし、血が出てなかったら、眼球摘出を
 考えなければなりませんでした。
 高齢・糖尿病の持病があるので避けたい手段でした。」
とのことでした。
 
「先生、その歯石は取れないのでしょうか?」

「歯石をとるにしても麻酔をしなくてはいけません。
 今、無理をして取る必要はありませんが、
 どうしてもとおっしゃるなら、
 余命を考えて後日ご相談しましょう。」

うーーっ。
昨日の病院といい、今日の病院といい。
余命、余命って言うなーーーーっ。

と、叫びたい気持ちをぐっと抑えて、
糖尿病のインスリンのアンコントロールの相談にも乗って頂く。

「この子の骨格から言うとかなり太ってます。
 とりあえずは痩せないと難しいのかもしれません。
 主治医の先生は痩せろと口すっぱく言われませんでしたか?」

「そこまでは…」

「この子の場合は痩せるのが一番の先決です。
 心臓をはじめ他の臓器にも負担が大きいのですから。」

「はい…。」

この後は療法食の重要性の話をして下さいました。

糖尿病だからと言って、糖コントロール系がいい訳ではない事。
さまざまな状況に応じて替えていかないとならない事。
などなど。

そんなこんなで、手術(麻酔)は免れ、
後は眼球の引っ込み方次第での対応となるのですが、
その後、
何回かの抗生剤の投与で歯槽膿漏の膿が散った事により
奇跡的に元通りの位置に眼球は戻ったのでした。

傷ついた角膜も、綺麗に治り、
現在のところ、目が見えない訳でなく、
肉眼で見る限りは至って普通の目をしています。
(白内障になったのは、また後日別件で判明するのでした…f(^_^;))

その治るさまは動物の神秘を見るようでした。
生命力、治癒力は凄い…。

そして、
たびとねぇや共々、
確実に寿命が縮まったこの事件で学んだ事が


1.病院の選び方。
2.情報の不十分さ。
3.先生任せにしない。
4.自分の直感を信じる。


などでした。

この話はまたいずれ…。


------------------------------------------------------------------------

ここで
糖尿病と歯周病の関係について
割と判りやすいデータをご紹介します。
(人間用ではありますが、動物に全く該当しない事はないでしょう)

【歯周病と全身への影響】
【全身疾患と歯周病】
【歯周病と糖尿病】

(2010年6月21日追加。こちらは、猫についてです!みぬまま様より引用♥)
【糖尿病と歯周病】



これを読んだ時、愕然としました。
いくら人間の事とはいえ、仮説とはいえ
こんな有力な情報を主治医含め、他の2つの病院も

歯周病が糖尿病に多大に影響しているかも?

とはおっしゃってくれなかったのです。

”太ってるものあるけど、もしかして、
 血糖値アンコントロールなのは歯周病せいもあるんじゃ…?”

”先生まかせじゃいけない。
 自分で可能性を見つけて
 模索していかなければ…。”


ねぇやの未熟さもあり、
ふたりして命を縮めながら日々勉強しているのでしたf(^_^;)


そんな訳で、たびは今、歯磨きをほぼ毎日しています。
歯ブラシはいやがるので、綿棒につけて
やさしくこすります。

最近は「これしょっか?」
と下記のチューブを見せるとちゃーんと
こちらに来る、えらい子ニャンちゃんです♥
このせいだけではないのですが、
だいぶ歯周病ましになりましたよ☆

CET歯みがきペースト

私は、ペット健康便 楽天店で購入しました。
他にも安い店あると思います。。

もっと安いお店ご存知でしたら
御連絡お待ちしております☆


歯周病あなどるべからず。

少しでも伝わっていただけたら幸いです…。

今夜、ちょっとあなたの愛猫ちゃんの奥歯を覗いてみませんか?
(綿棒に日本薬局オリブ油(30ml 380円位)をつけて
 歯茎にそって差し込み、上のほほ?をもちあげると
 そんなにいやがりませんでした。)

はじめは、シロップとか愛猫ちゃんの好きなものでいいと思います。
奥歯を見せてもらった後は、かならず、ご褒美を忘れずに♥


ここまで長い文章を完読してくださって
本当にありがとうございました!

明日はたび写真てんこもり、癒し系でいきますので( ^ ^ )ゞ

br_decobanner_20100607.gif にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
↑お手間かけますが、よければ《ぷち☆ぷち☆》
 と3つ押してくれると、とっても励みになりますにゃ♥
スポンサーサイト
CATEGORY : ・・・★ 病 気 | THEME : 猫と暮らす | GENRE : ペット

COMMENT

病院の選び方はホント大事ですよね。
うちも歯石があるのですが、さすがにもう全身麻酔は無理なんで上手に付き合っていくしかないです(^^;
老猫だから・・・ということは治療の言い訳でしかないとは思いますが、負担やストレスをかけずにリラックスしてもらうことも治療の一環ですからね。
老猫さんは色々ありますが、お互い頑張りましょうね。
2010/06/15(火) 02:59:58 | URL | tori #oCej7oRg [Edit
はじめまして。mixiのコミュ内のリンクから来ました。うちの猫は糖尿歴2年ですが、他にも疾患があり常に?血糖値のコントロールができません。住んでる地域も同じなようで、勝手に親近感がわいてます(笑)いろいろ大変ですがお互い頑張りましょうね。
2010/06/15(火) 13:45:36 | URL | まりこ #iPVUErII [Edit
Re: タイトルなし
>tori様
十クン、やっぱり歯石ありますか。やっかいですよね( T _ T ) 。でもトレスないようにが一番ですよね(^▽^)
実は先週、たびは歯石を麻酔なしの数分で取って貰う事が出来ました!そしてカリカリ食べると涙が出るの治まりました!またその話はいずれしたいと思います。やっぱ病院選び大切なのです~。

>まりこ様
はじめまして!ご訪問ありがとうございます!あまり糖尿病の情報はなくて申し訳ありませんf(^_^;)。最近は糖尿病より他の疾患でトラブって右往左往しまくってます。他に疾患がある猫ちゃんはどうしてもコントロール難しいです 。アンコントロールなのはインスリンの量だけじゃないようです。本当に難しいですよね( T o T ) 。京都お住まい!親近感わいて下さって私も嬉しいです~( *^^*)。こちらこそ宜しくお願い致します☆また、たまに覗いて下さいませ♪
2010/06/15(火) 22:48:56 | URL | ねぇや #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


ランキング

下記のランキングに参加しています★
応援よろしくお願いいたします。
(一日一回クリック有効☆)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

br_decobanner_20100607.gif



置き手紙

いつもご訪問ありがとうございます☆
FC2ブログでない方でコメント頂かなくても
こちらにURLだけ残してくだされば
後ほど必ず訪問させて頂きます☆
(登録は一度でOKです^^)

おきてがみ



プロフィール

ねぇや

Author:ねぇや
京都在住。

ボキャブラリー不足ゆえに
悪戦苦闘しながら日々blogを更新中☆

毎朝、たびの【猛烈甘え】起こしテクを
堪能したい為にタヌキ寝入りを続行中☆


05-07-26_19-52.jpg

Hiroine: たび (白黒MIX)
Brithday:1994年9月5日(頃)

2011年2月7日
16歳5ヶ月で虹の橋へ…☆

白い靴下に黒いひじあてを付けるという
難解なファッションセンスの持ち主。

左口元のホクロがチャームポイント。

一言でいえばツンデレ系?
基本的、甘えて来ることはなく
だっこも苦手。
寝るのも別布団(涙)
私を起こす時に異常に甘えるのは
もちろん、ごはんが欲しいから☆

SHE LOVE KANIKAMA!!

もしこの世からカニカマがなくなると
病気ではなくても平気で虹の橋へ
渡って行きそうでコワい(苦笑)

不機嫌?な顔つきだけど
いつもゴロゴロ☆ゴロゴロ☆

年をとるにつれて、
文句をよく言うようになったけど
それも可愛いと思ってしまう
親バカのねぇやです。

「猫は猫かわいがりしても良し!」

ただし、食事には気をつけて☆


************************

いつもご訪問して下さって
本当にありがとうございます♥

糖尿病、腎不全、高脂血症、歯周病、
軽度の白内障、尿石症、関節炎と
2010年に肥大型心筋症を発症。
   
色んな病気を抱えているので
複雑に絡み合って症状が出る
たびですが、愛くるしく、
頑張って生活してくれてるのを
嬉しく幸せに思います。

そんな彼女を少しでも知って頂けたら…。


病気となるとつい必死になって
飼い主さんが息切れしちゃう事が
あると思います。

「あなたは大丈夫?元気?」

このこ達はちゃーんと感じ取ってますよね?

苦しくなる程、無理することなく
お互いが穏やかに暮らせるように
心がけたいとねぇやも考えています。

わたしも笑顔なら、たびも嬉しいはず☆

そして

笑顔と褒めることは何よりの妙薬☆

「たぁちゃん、かっわいー♥」

ウザがられても連呼中☆( ^ ^ )ゞ



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新記事



LINK

このブログをリンクに追加する



GALLERY

~LOVE~ねこ佑依のYuiちゃん作です♥

とっても可愛く描いてくれて本当にありがとう!



TRACKBACK



検索フォーム



只今のオススメ

上映は終了。レンタルでどうぞ☆



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © たび☆ねこ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。